banner

タグの重要さ

ホームページ制作におけるhタグの重要さ

ホームページ制作をする際に、HTMLは必ず勉強します。一通り勉強し、ある程度のホームページ制作ができるようになると、今度は目立つ、検索にヒットしやすいホームページ制作、つまりSEO対策を考えるようになるかと思います。

SEO対策を考え、巡回ロボットにもっとも認識されやすいのはHTMLソースがシンプルなページです。

しかし、ロボットはシンプルなHTMLソースを好みますが、画像もない、背景も白、文字も文字色もシンプルでは閲覧者する側を楽しませることができません。

そこで、重要になるのはhタグです。titleもSEO対策として重要視されていますが、hタグにtitleのキーワードと関連性のあるワードを入れることによって、検索順位がより上位になります。

hタグとは見出しのことです。英語で見出しを意味するheading、hedlineの頭文字hから取っています。h1が一番大きな見出し、つまり大見出しで、数字が大きくなっていくごと中見出し、小見出し、見出し、と見出しの大きさと呼び名は小さくなります。

デザインや注目して欲しい項目によって見出しの大きさを随時替えて行く必要があります。目出つだけではなく、SEO対策としてもhタグは重要な役割を果たします。

h1の大見出しに対策キーワード、テーマを盛り込むことで、巡回ロボットにキーワードを認識してもらえるのです。ですので、検索される語句と完全に一致する大見出しが望ましい出のですが、キーワードだけが不自然に羅列した大見出しは露骨なSEO対策だとみなされるので、複数語句を上手く文章に組み合わせる文章力や、デザインの面でも工夫が必要です。

h1タグでも、CSSの構築でデザイン性の高い見出しを作ることは可能です。ホームページ制作には、CSSの充分な知識も必要になります。CSSの知識があれば、見出しの一括管理も可能なのです。

h1はページの最上段に設置し、h1の上にh2以降のhタグは置かないことが前提です。h1の次はh2、次はh3と順次見出しを小さくしていくことも望まれます。

また、h1を同じページに複数設置しても良いのかという疑問については、一言で言えば可能です。HTML5の新たな定義により可能になりましたが、それがgoogle検索において有利かどうかは不明です。

また、ロボットがスパムと認識しやすくなるため、ホームページ制作に携わっている人はあまりやりません。複数設置は控えた方が無難です。

Copyright(c) 2014 現代のホームページ制作に求められる要素はどういった点なのか?All Rights Reserved.