banner

基本的な制作方法

最も基本的なホームページ制作のやり方

ホームページ制作で最も基本的なことは、サーバーを用意することです。
そもそも、サーバーとは一体なんでしょうか。

サーバーというのは、WEB上でホームページを作るためのデータを提供してくれるためのサービスのことを言います。
例えば、サイトを作るためには必ずドメインが必要になります。

ドメインはWEB上の住所のようなものですので、このドメインがある空間は特定のユーザーが使用している領域なのだということを他のユーザーに知らせてくれる働きがあるわけです。また、ドメインだけでなく特定のメールアドレスも提供してくれます。

会社経営の一環としてホームページ制作を行うときには別途メールアドレスを設定しなくてはいけませんが、このメールアドレスも実はサーバーが提供してくれているわけです。

ですので、ホームページ制作を行うときには必ずサーバーを用意する必要があります。ホームページ制作のやり方に関しては、無料のサーバーを利用した方法が一般的になっていますが実は無料のサーバーでサイトを作ることは色々と危険性が多いのです。
この無料のサーバーにおけるサイト作りは様々な場所で見かけることができます。

例えば、現在では無料でブログの開設をさせてくれている企業も存在しますが、ああしたサービスというのはすべて不特定のユーザーが存在するサーバーを用意しているのです。

不特定のユーザーが同じサーバーに存在していると、当然そのサーバーには大きな負荷がかかることになります。サーバーに対して大きな負荷がかかってしまうと、各サイトに提供しているデータの発信にも遅延が生じてしまうことになるので、自身のホームページのアクセスにも障害が生じてしまうのです。

この場合、ホームページ制作で利用しているすべてのデータが無くなってしまう危険性も生じてしまうので、このような無料で提供されているような脆弱性の高いサーバーはあまり好ましくないと言えます。

ですので、ホームページ制作のやり方の最も基本的なこととして、まずは定数制のサーバーを用意しなくてはいけないわけです。
定数制のサーバーにはサーバーに対して大きな負荷がかかることがありませんので、ホームページ制作のために保存しているデータの管理も非常に楽になります。

このように、サイトを作るためのサーバーの管理はホームページ制作にとって最も基本的なことですので、サイトを作っていくのならばこの基本的なやり方を理解してから取り組まなくてはいけません。

Copyright(c) 2014 現代のホームページ制作に求められる要素はどういった点なのか?All Rights Reserved.